ペットの消臭屋

TEL

マイページ

ペットの消臭屋トップ > ペットのニオイ豆知識 > ニオイ対策のためのワンちゃんのお手軽ケア

ニオイ対策のためのワンちゃんのお手軽ケア

桜の開花予想がでましたが、福岡では、沖縄を除き今年は最も早く開花をするという予想で3月16日、17日頃には開花のようです。後一カ月もすると、桜が咲くようになるのですね。お花見の計画を今回たてつつ、桜の開花と共に春の訪れを楽しみに待ちたいと思います。今回は、簡単にできるワンちゃんのニオイ対策のためのケアをご紹介します。家にあるもので簡単にできるケアをご紹介します。毎日、少しの時間ケアしていただくだけで、体臭予防もずいぶん違います。難しいことではなく、タオルやガーゼがあればできますので、ぜひお手軽ケアでワンちゃんの体臭予防、ニオイ対策を行なってください。

Contents

体臭予防のためにカラダを拭こう

ワンちゃんの体臭予防のためには、ブラッシングとあわせて、タオルでカラダを拭いてあげることをおすすめします。ぬるま湯につけたタオルをよくしぼって、体全体を拭いてあげるようにしましょう。また、肥満気味のワンちゃんは肌のベタつきも多くなりがちで、汚れがちになり、体臭の原因になっていることもありますので、より丁寧にふいてあげるようにしましょう。また、シワがある犬種のワンちゃんもシワの間に汚れが溜まりがちです。シワを伸ばすように拭いてあげるようにしましょう。タオルで拭いた後に、消臭剤をタオルにシュシュとして拭いてあげるとより消臭効果が期待できます。これから気温もあがってきますので、ニオイが特に気になるようになります。

こまめに耳のお手入れ

立ち耳のワンちゃんと垂れ耳のワンちゃんがいますが、どちらも耳のケアは必要ですが、特に垂れ耳のワンちゃんのほうが、耳の内側が汚れやすくなります。耳のシワに沿って汚れがたまりますので、この部分を丁寧に拭くようにしましょう。実は耳の掃除は見逃しがちであり、ニオイの発生源になっていることも多くあります。耳のケアは鼓膜などを傷つけたら怖いとの思いでなかなかケアができないと聞きます。鼓膜は耳の奥のほうにありますので、奥まで指を入れないと鼓膜を傷つけることはありません。ケアする方法は、ガーゼを湿めらせ、指に巻いて優しく拭くようにします。力を入れると皮膚が傷ついたり、ワンちゃんが痛がって動いたりしますので、力は入れずに優しく丁寧に拭いて下さい。耳の奥のほうの汚れのケアはプロにおまかせするようにしましょう。綿棒などでケアをすると傷をつけてしまい、病気を引き起こす可能性もありますので、奥のほうに汚れが溜まっているなと思った場合には獣医師さんに相談されることをおすすめします。また、耳毛が伸びていると、耳道の換気が悪くなり、外耳炎を引き起こす可能性もありますので、長く伸びすぎた場合には皮膚を傷つけないようにカットしてあげましょう。

爪のケアも忘れずに

ニオイ対策とは別になりますが、ワンちゃんのケアで一つ大切なものが爪のケアです。爪のケアはワンちゃんの個体差やワンちゃんの走り方や歩き方のクセ、運動量などによっても異なってきますが、基本的には月1回くらい行なうとよいと言われています。爪が伸びると床の継ぎ目やジュータン、カーペットなどに引っ掛けてしまったり、爪の影響により体重を肉球で支えられなくなり転びやすくなったりします。ひっかけると爪が折れて出血することもあり、転んで骨折などを起こすこともありますので、爪のケアはワンちゃんにとって大切です。爪を切る時には、必ずワンちゃん用の爪切りを使用し、少しずつカットしていくようにしましょう。ワンちゃんの爪ですが、白いワンちゃんの爪は透明感があるので、血管が透けて見えますので、血管の通っていない部分をカットします。あまりカットしすぎて深爪しないように注意が必要です。また、飼い主様がカットすることに不安がある場合は、トリミングサロンや動物病院などにお願いしてカットしていただくようにしましょう。

ワンちゃんの体や耳のケアにおすすめなのが100%食品成分でできており無香料、無添加のペットの消臭剤が「天使の水」。口コミのみで広がっている消臭・除菌スプレー。初めてご購入の方には返品特典もご用意しています。ワンちゃんのケアに一度、お試ししてみませんか?

ページ上部へ
Copyright(c) ペットの消臭屋 All Rights Reserved.

ページ上部へ