ペットの消臭屋

TEL

マイページ

ペットの消臭屋トップ > ペットのニオイ豆知識> ワンちゃんに与える花粉の影響

ワンちゃんに与える花粉の影響

福岡では、例年よりも早く花粉が飛び回り、天気予報では花粉情報もアナウンスされるようになりました。花粉症の方は憂鬱な時期がスタートと思われるかと思います。私たち人間だけではなくワンちゃんも花粉症の症状が皮膚にでることがあります。ワンちゃんの体質による影響が大きいと言われていますが、なるべくワンちゃんがつらい思いをしなくて済むようにケアしてあげるようにしましょう。

Contents

ワンちゃんの花粉症

ワンちゃんの花粉症にかかる場合があり、くしゃみなどがでるワンちゃんもいますが、皮膚に発疹や赤み、かゆみなどの症状がでたり、外耳炎などの症状が現れることが多いと言われています。かゆみなどから、ワンちゃんがカラダをかいたり、舐めたりを続けることにより皮膚の炎症が広がったり、被毛が抜けたりすることもありますのでワンちゃんの様子がいつもと違う場合は、早めに動物病院に連れて行かれることをおすすめします。花粉症もアレルギーの1種ですので、血液検査で原因を特定できると言われています。原因が花粉症であれば、対処法についても獣医師さんと相談して進めていくようにしましょう。

ワンちゃんのための花粉症対策

ワンちゃんに花粉症の症状がみられるとき、もしくはまだ花粉症の症状はなくてもアレルギーがあるワンちゃんなどはぜひ参考にしてください。お散歩に行く時間ですが、なるべく体に花粉がつかないようにしていただきたいと思います。花粉の飛散が多いといわれる時間帯ですが、天候や地域によっても差はありますが、一般的に花粉が飛び始めるのは9時~15時頃であるといわれており、夕方になると気温が下がり始めるので飛散量も少しづつ少なくなると言われていますので、日中のお散歩は控えてあげるようにしましょう。あわせてお散歩コースも草むらになるべく立ち入らせないようにもしましょう。

またお散歩から帰ったら、家に入る前にワンちゃんについた花粉を落としてあげましょう。まずはブラッシングをかけ、その後、濡れタオルで体を丁寧に拭いてあげましょう。その際に、ニオイ対策として消臭スプレーもかけながら拭いてあげるとよいでしょう。花粉は顔や脚に、特に花粉が付きやすいと言われていますので特に丁寧に拭いてあげましょう。また、ワンちゃんから花粉を落としたら、飼い主さんも自分の体(洋服)についた花粉を落としてから家に入るようにしましょう。

いつもは洋服を着せていないワンちゃんも花粉を体につけないために洋服を着せてあげるのも一つの対策です。しかし、着慣れていないワンちゃんは洋服を着ることがストレスになることもありますので、嫌がっていないか様子をチェックするようにしましょう。

シャンプーの頻度ですが、皮膚を清潔に保つために2週に1回くらいのペースに増やしていただくこともおすすめします。しかし、花粉の影響により皮膚が敏感になっていますので、ワンちゃんの皮膚にやさしいワンちゃん専用のシャンプーを使用しましょう。

花粉が飛散を始めるということは、気温も上がってきたということになり、お散歩なども気持ちよく過ごせる時期になったということです。しかし、花粉によってワンちゃんがつらい思いをしないようにケアを行なってあげましょう。

ワンちゃんの体を拭いてあげる際にはおすすめの消臭スプレー「天使の水」。ワンちゃんがなめても問題がない食品成分100%で作った消臭、除菌スプレーです。無香料ですので、ニオイに敏感なワンちゃんにも安心してお使いいただけます。初めてご購入の方には返品特典もご用意しています。一度、お試ししてみませんか?

ページ上部へ
Copyright(c) ペットの消臭屋 All Rights Reserved.

ページ上部へ