ペットの消臭屋

TEL

マイページ

ペットの消臭屋トップ > ペットのニオイ豆知識> 乾燥している季節はワンちゃんも要注意

乾燥している季節はワンちゃんも要注意

ニュースでも多く報道されているようにインフルエンザが大流行中です。歯磨きがインフルエンザの予防にも繋がるそうです。普段よりも念入りに歯磨きをするように心がけています。さて、インフルエンザにも関連しますが非常に空気が乾燥しています。この空気の乾燥はインフルエンザや風邪、お肌のトラブルなど体のあちらこちらでトラブルを引き起こします。室内では加湿をぜひ意識してください。またこの乾燥がワンちゃんの皮膚にも影響があります。今回は乾燥がワンちゃんに与える影響についてご紹介します。

Contents

ワンちゃんの乾燥しやすい皮膚

ワンちゃんの角質層は私たち人間の半分程しかないために、私たち人間よりも乾燥しやすくデリケートと言われています。私たち人間でも秋から冬の空気が乾燥する季節は様々な肌トラブルを起こすことがありますがそれ以上に実は肌トラブルを起こしやすいのです。ワンちゃんも乾燥肌になると、皮膚のバリア機能が弱くなります。バリア機能が弱くなると、これから多く飛散する花粉や強い日差しと共に降り注ぐ紫外線などの外部からの刺激に対して弱くなってしまいます。ワンちゃんの皮膚は被毛に覆われているために、皮膚でトラブルが起きたり、何か変化が起きても気付きにくいですが、皮膚が乾燥などでトラブルを起こすと、被毛がパサパサになったり、艶がなくなってきたり、被毛が絡まりやすくなり毛玉になりやすかったり、また、フケがでたりなどの変化が起こるようになります。ひどくなると、かゆみなども起こりワンちゃんが掻きむしって出血などを起こすこともあります。いつもと被毛の様子やワンちゃんの動作が違うと思ったら、皮膚をチェックするようにしましょう。

また、乾燥は皮膚だけではなく、足裏の肉球も乾燥しやすいので、肉球がひび割れを起こすこともありますので注意してあげましょう。

ワンちゃんの皮膚を乾燥から守る方法

寒いとエアコンなどの暖房で部屋を暖めていると思います。エアコンで暖めている部屋は乾燥しており、エアコンが原因で私たち人間も同じですがワンちゃんの肌が乾燥してしまうこともあります。部屋を暖かくして快適に過ごせるようにする際には、温度だけではなく湿度もチェックするようにしましょう。湿度をキープするためには加湿器を利用していただく方法や、濡れタオルや洗濯物を干すことで加湿する方法もありますが、ワンちゃんが走り回り洗濯物などが暖房器具に落ちて火災などにならないように注意しましょう。

ワンちゃんの被毛には、天然の保湿機能も持っていますので、この機能を生かすためにお散歩など外から帰ってきた際には、被毛についたほこりやゴミなどをおとすように、丁寧にブラッシングをしてあげましょう。ブラッシングをすることで保湿効果が高まり皮膚へのケアにも繋がります。またブラッシングをする際に、ワンちゃんの体に直接かけても安全とも言われている消臭・除菌剤をスプレーしてふいてあげるとよいでしょう。しかし、この時に使用する消臭・除菌剤ですが、ワンちゃんが万が一舐めてしまう可能性もありますので、舐めても大丈夫な成分で出来ているか原材料のチェックを必ず行なうようにしてください。

またワンちゃんをシャンプーする際に、シャンプー選びにも注意が必要です。シャンプーはワンちゃんを清潔に保つために大切なケアの一つです。しかし、泡立ちのみを気にして、洗浄力の強いシャンプーはワンちゃんにとって必要な皮脂までも落としてしまいます。シャンプーをするときには、ワンちゃんの皮膚に優しく、保湿力の高いシャンプーを使うようにしましょう。

愛犬の健康を守るために作られたシャンプーが「ニオワンシャン」です。「ニオワンシャン」は皮膚に刺激を与えると言われている、合成界面活性剤、シリコン、アルコール、着色料、増粘剤、パラペン香料は使用せずに、自然由来の成分のみで作りました。オイルが主原料であるために、保湿効果は抜群で毛並みもツヤツヤに変わり、皮膚を弱アルカリ性に保ち、汚れだけ落として皮脂をとりすぎないように作られた石鹸シャンプーです。

低刺激でワンちゃんの肌を守るために作られたシャンプー「ニオワンシャン」はこちら

今年は例年よりも乾燥していますが、ワンちゃんの皮膚トラブルは乾燥だけではなく他の病気が原因の場合もあります。皮膚の様子がおかしいなと思ったら、獣医さんに相談することもおすすめします。

ページ上部へ
Copyright(c) ペットの消臭屋 All Rights Reserved.

ページ上部へ