ペットの消臭屋

TEL

マイページ

トイレトレーの掃除

福岡の今年の冬は例年と比べると暖かいなと思います。雪がパラパラと降ったのは1日だけのようです。しかしまだ1月ですので、これから冬将軍が到来する可能性もありますので、寒さ対策はしっかり行なっておきたいと思います。今回はトイレトレーの掃除についてご紹介します。トイレシートがずれないようにトイレトレーを使用されているご家庭も多いと思います。トイレシートはこまめに変えていると思いますが、トイレトレーは掃除していますか?トイレトレーがニオイの発生源になっていることもありますので、トイレトレーもこまめに掃除をするようにしましょう。掃除の方法や注意点についてご紹介します。

Contents

トイレトレーのタイプ

トイレトレーには様々な種類があります。例えな、ふらっとなトイレトレーの上にトイレシーツを置くタイプや、トイレシーツの周りを固定するタイプやトイレシーツを噛んだりすることがないように、トイレシーツの上にメッシュカバーをのせ固定させるタイプ、周囲に高さがあり囲っているタイプ、L字型になっており足をあげておしっこするワンちゃんの飛び散りを予防するタイプなど様々です。大きさも様々です。お家のワンちゃんのサイズにあったトイレトレーを置いてあげるようにしましょう。

トイレトレーの掃除

ワンちゃんが排泄をするたびに、トイレトレーを水で洗う必要はありませんが、週に1回くらいの割合で洗浄するようにしましょう。しかし、トイレシートを交換する度に汚れが残らないように拭き、消臭・除菌スプレーをするようにしましょう。この時に使用する消臭・除菌スプレーですが、無臭タイプのスプレーを使用しましょう。香り付きのスプレーも販売されていますが、ニオイをニオイでごまかすタイプの消臭スプレーを使用すると、ワンちゃんは人よりも臭覚が優れているためにストレスを感じてしまうことに繋がると言われています。また、ワンちゃんが舐める可能性もありますので、消臭スプレーに含まれている成分にも気を付けてあげましょう。

また週に1回程度、トイレトレーも洗浄をするようにしましょう。水のみで洗い流すのみでも良いのですが、何回かに1回くらいは、塩素系の消毒剤などを使用して洗うと殺菌効果も期待できます。しかし、消毒剤の洗い残しがあるとワンちゃんが舐めてしまうと危険ですので、洗い残しがないように丁寧に洗い流すようしましょう。また洗浄後は太陽の光などで日光消毒を行ないながら、乾燥させるとより効果的です。濡れたままの状態でトイレシートを敷くことだけはやめましょう。雑菌繁殖の原因につながり、悪臭発生の原因にもあります。

メッシュタイプのトイレトレーの場合

メッシュタイプのトイレトレーの場合には、このメッシュのカバーが雑菌の繁殖の原因になることが多々ありますので、注意が必要になります。おしっこをするたびに、トイレシートを変えると共に、メッシュカバーもきれいに拭くようにします。その際には消臭スプレーをペーパーなどに吹き付け、そのペーパーで拭くようにすることをおすすめします。また、うんちが付いている場合にも、取り残しがないようにしましょう。ブラシなどでこすると取れやすいのですが、取った後にはおしっこの場合と同様に消臭スプレーなどを使用しふきあげるようにしましょう。

トイレシートについて

トイレトレーに敷くトイレシーツですが、様々な種類のシートが販売されています。おしっこの量が多いワンちゃんやペットシーツをこまめに変えることができない場合におすすめなシートが吸収力が高いトイレシーツです。また、臭いを防ぐために消臭効果があるトイレシートもあります。このシートにニオイがついたものもありますが、前述の通りワンちゃんは臭覚が優れているために、ニオイを嫌がる可能性もあります。ニオイでニオイを消すことは行わないことがおすすめです。

臭いの発生源としてトイレが原因になることが多いのでワンちゃんのトイレは清潔に保つことが大切です。トイレシートをこまめにかえてあげると共にその都度、消臭スプレーでふきあげることで、ニオイの発生を抑えることになりますのでトイレは常に清潔にしてあげるようにしましょう。

ページ上部へ
Copyright(c) ペットの消臭屋 All Rights Reserved.

ページ上部へ