ペットの消臭屋

TEL

マイページ

ペットの消臭屋トップ > ペットのニオイ豆知識> 排泄物に気づいたらすぐに片づけましょう

排泄物に気づいたらすぐに片づけましょう

2019年もスタートしました。初詣に行かれた方も多いのではないでしょうか?私は学業の神様で有名な太宰府天満宮に1月1日に参拝してきました。すごい人出で参拝までの待ち時間が長かったのですが、しっかりお願い事をしてきました。今年も皆様にペットのニオイに関する情報などをお伝えしていきますのでよろしくお願いします。今年最初のご紹介は、排泄物の処理のタイミングについてご紹介します。「したら片づける」がキーワードです。

Contents

排泄物に気が付いたらすぐに片づける

さて、ワンちゃんがウンチやオシッコなどの排泄物に気が付いたらすぐに片づけていますか?この排泄物をそのままにしておくと、お家の中のニオイの原因になりますので、排泄物に気が付いたらすぐに片づけるようにしましょう。すぐに片づけるようにすることでお家の中にペット臭が染みつくことも少なくなります。ウンチをしたらすぐにウンチは取り除き、おしっこの場合はトイレシートを取り換えるようにします。こまめにトイレシートを交換できない際には、消臭効果のあるトイレシートも販売されていますのでそのようなトイレシートを使用されることもおすすめです。

トイレ周りも一緒に消臭

排泄物を片付け、トイレシート等を交換するときには、トイレシートがあるワンちゃんのトイレだけを掃除するのでなく、トイレの周りもしっかり掃除をするようにしましょう。オスのワンちゃんで足をあげておしっこをする際には、オシッコが飛び散るために、周りの壁や床にも実はおしっこがつき、そのような壁や床などはおしっこそのものやおしっこの臭いがしみ込みやすいために、早々に拭き上げて消臭スプレーをするようにしましょう。想像以上に広がっていますので、結構広めに掃除プラス消臭スプレーをしましょう。そうすることでニオイの発生を最小限に抑えることができます。

使用済みのトイレシートは密閉

使用済みのトイレシートはゴミで出されていると思いますが、ゴミの日まではご自宅のゴミ箱で入れておくようになると思います。1回づつ小袋に入れて密閉させることでニオイの発生を抑えることができますので、毎回、袋に入れたら口を縛ってニオイがでないようにして処理をするようにしましょう。使用後のトイレシートがニオイが発生してお家や外にニオイが広がることがないようにしましょう。

粗相してしまった場合には

ワンちゃんがトイレでおしっこやウンチをするとよいのですが、トイレのしつけがうまくできてない場合や体調が悪かったり、ストレスなどで粗相をすることもあります。粗相をするとその部分に、ワンちゃんの排泄物のニオイがついてしまい、しつけができていない場合などは、その場所で粗相を繰り返すようになることもあります。トイレ以外の場所に排泄物のにおいがついてしまった場合には早々にきれいに片付け、においを残さないように消臭スプレーをかけて、ニオイを消すことが大切です。また、ワンちゃんが粗相をした場合には、怒りたくなる気持ちはわかりますが、ワンちゃんを叱らないようにしましょう。ワンちゃんはなぜ叱られているのかがわからないので、場所で起こられているのではなく、おしっこやウンチをした行動そのもので叱られたと思い、人目につかない場所でしようと隠れてするようになることもあり、粗相がひどくなってしまうのです。粗相をしても特に叱らず、汚された場所をにおいが残らないように処理するようにしましょう。

ベランダをトイレにするにはやめましょう

室内で排便をさせると部屋の中にニオイが残るからとマンションなどでベランダで排泄をさせたいと思われる方もいらっしゃいますが、ご近所クレームの原因になりますのでやめましょう。すぐに掃除をするからと思われがちですが、ご近所さんにはペットを飼われていない方もいらっしゃいます。ペットを飼われていない方はペットのニオイに敏感で少しのニオイでも気になります。逆の立場になればわかりますよね。また、掃除をしたつもりでも取り残しやにおいが染みついていくこともあり、衛生的にもよくありませんので、ベランダをトイレにすることはやめましょう。

粗相をした際には、粗相物をきれいに取った後に臭いを消すために消臭スプレーをふるようにお伝えしましたが、この消臭スプレーは無臭タイプにします。ニオイにニオイで消すということはニオイがダブルになり違う匂いが発生します。そのニオイが部屋中に広まることになります。またワンちゃんはニオイには敏感ですので人工的な臭いをかがせないようにしましょう。

ページ上部へ
Copyright(c) ペットの消臭屋 All Rights Reserved.

ページ上部へ