ペットの消臭屋

TEL

マイページ

ペットの消臭屋トップ > ペットのニオイ豆知識 > ワンちゃんの涙やけで目の周りがくさい

ワンちゃんの涙やけで目の周りがくさい

12月に入りましたが、今年は暖かい日が続いています。しかし、そろそろ寒波到来との予報もあり気温の差が大きくなりそうですので、体調管理にはお気をつけください。二回に渡り、ワンちゃんのお口のニオイ、お耳のニオイについてご紹介しましたが、実は目の周りからも嫌なニオイがすることもあります。その多くは涙やけなどが原因によるものですが、今回は目の周りのニオイについてご紹介します。

Contents

ワンちゃんの目の周りがくさくなる原因

ワンちゃんには涙やけにかかりやすいと言われている犬種があり、トイプードル、ポメラニアン、パピヨン、コッカー・スパニエル、ビションフリーゼ、シーズー、チワワ、キャバリア、マルチーズ、パグなどがその犬種です。

なぜ涙やけがおきるのでしょうか?涙やけは流涙症(りゅうるいしょう)という病気が原因で、本来であれば、涙は鼻涙管(びるいかん)から喉へと流れていきますが、何らかの原因で涙が過剰分泌されてしまい、鼻涙管(びるいかん)へ行かずに眼の周りに涙が溢れてしまい、目のまわりの被毛を赤茶色く変色してしまうことです。常に分泌物や涙で目の周りが濡れている状態であるためにバクテリアなどの菌が繁殖しやすく、悪臭の原因にもなっています。

涙やけがおきる原因

ワンちゃんは感情で涙を流すことはないと言われていますので、涙を流すには何らかの原因があります。

・逆さマツゲなど先天性の病気が原因の場合
私たち人間もまつ毛が目に入ると涙がでるように、ワンちゃんもまつ毛が原因のこともあります。例えばマツゲが内側に生えているために、常に眼球を刺激している場合や、逆さまつげなども原因と考えられます。そのような場合には、不要なまつげを抜いてあげたり、長さをカットしてあげることで症状が落ち着くこともありますが、処置を間違えてしまうとケガに繋がることもありますので、まずは、獣医師さんに対応方法をご相談されることをおすすめします。

・目の周りのケガが原因の場合
ワンちゃんは私たち人間よりも地面に近いところにいますので、地面の様々なものでワンちゃんの目や目の周りのケガをすることもあります。目の周りをチェックして何らかの傷などを感じた際には早めに動物病院へ連れていくようにしましょう。ワンちゃんが目の周りをいつもより多く掻いたりしている場合は何らかの原因があるはずですので、しっかりチェックしてあげてください。

・体内に溜まった老廃物が原因の場合
体内に老廃物が溜まり、うまく排出できないことで涙やけが起きていることもあります。通常、おしっこや便として老廃物は排出していますが、ワンちゃんによっては、お散歩のときにだけおしっこや便をするので、その時間まで我慢していることも多く、その場合には老廃物をため込みがちになっています。涙やけが気になるときは、可能であればこまめにお散歩に連れて行き、我慢することなく排泄をスムーズにできる環境を作ってみて下さい。また、水分を十分に摂取できていないときも、老廃物がおしっことして排出されなくなり体内に溜まってしまいます。また体内が水分不足の状態になると涙の粘性が高まり、べたべたした涙となり、鼻涙管を流れにくくなるためにあふれてきてしまい、涙やけとなりますので、ワンちゃんがお水をきちんと飲んでいるかも確認をお願いします。

目の周りのニオイを予防するために

涙やけになっているワンちゃんの目元は色も変わってかわいそうな状態です。涙やけにより変色してしまった目の周りの毛はこまめにケアを行なってあげてください。ぬるま湯で濡らした、少し暖かいやわらかいコットンやガーゼで拭いてあげるようにしましょう。涙やけの症状がひどい場合にはこまめに拭いてあげるようにしましょう。強く拭くと目やメモ周りに傷をつける可能性もありますので、やさしくケアがポイントです。また、コットンや、ガーゼに除菌効果のある天使の水をシュット一噴きしてケアしていただくと、雑菌の繁殖の抑制効果もあります。濡れたコットンやガーゼで拭いた後は乾いたコットンやガーゼでしっかり拭き取り乾いた状態にすることもポイントです。

また、涙やけが原因で変色してしまった顔周りの被毛を短くカットすることも細菌が繁殖しにくい環境になりますので、獣医師さんやトリマーさんにご相談させれてみてはいかがでしょうか?

ワンちゃんの涙やけのケアにも安心して使用できる食品成分100%の消臭・除菌スプレー「天使の水」。初めての方には初回限定の返金保証も行なっています。

ページ上部へ
Copyright(c) ペットの消臭屋 All Rights Reserved.

ページ上部へ