ペットの消臭屋

TEL

マイページ

ペットの消臭屋トップ > 消臭剤コラム> 車の中がペット臭くなっていませんか?

車の中がペット臭くなっていませんか?

一雨ごとに寒くなり、山の木々も色づき紅葉シーズンになりました。ワンちゃんと一緒のお出かけも最適な季節になりました。ワンちゃんとお出かけする際には車でのお出かけも多いかと思いますが、車の中がワンちゃんのニオイでいっぱいになっているということはありませんか?ペットはお留守番で人だけでお出かけする場合にも、飼い主さんにとってはペット臭は日常ですので、ニオイに対してはそこまで気にならず感覚が鈍りがちですが、車に、ペットを飼っていない方を乗せたりすると、車についたペット臭はすぐに気が付き、車酔いの原因になったり、洋服にニオイが染みつかないかなと心配になり次回から敬遠されたりということにも繋がります。急に人を車に乗せることもあると思いますので、車の中のペット臭対策はワンちゃんを乗せた後はこまめに消臭対策を行なうことをおすすめします。

Contents

車にペット臭がつく理由

車は密閉空間ですので、ペット臭に限らず、食べ物のニオイやたばこのニオイ、香水のニオイなど様々なニオイがこもりがちなります。自分の車であればニオイについて気が付かないこともありますが、他人が乗ると敏感にそのニオイを感じます。ペット臭が車につく原因は、ワンちゃんの毛、唾液、排泄物などシートやフロアカーペット、ラゲッジスペースなどに付着してしまうことが原因の1つと言われています。またワンちゃんそのものの体臭が原因になっていることもあります。

車内の掃除で毛を除去

シートやフロアカーペットなどに付着した毛がニオイの原因の一つですので、ワンちゃんを車から降ろしたら、掃除機やコロコロなどを使い、まず毛を取り除くようにしましょう。ペットの毛は洋服などにも付きやすいので、車から降りたら洋服にたくさんの毛が付いているということにならないためにも、行なってほしい作業です。掃除機やコロコロで毛をとったら次に拭き掃除を行なうようにしましょう。

消臭作業をしながら拭き掃除

除菌効果もある消臭剤を車のシートやフロアーカーペット、ラゲッジスペース、天井などに染み込ませ、10~30分程度放置消臭剤をしみこませます。その後、しっかり拭き掃除を行ないます。もしも消臭剤の水分が残っていると、高温多湿の車内で色々な菌が増えてしまいますので、しっかり拭き上げ乾かしてください。ドライヤーで仕上げに熱風をかけて乾かすとより消臭効果が増します。シートやマットが皮革製品などの製品は、消臭剤で色が変わったりする可能性がありますので使用前に、見えない場所などで確認作業を行なわれることをおすすめします。

ニオイがついていない消臭剤を

ニオイを香りでごまかしても一時的なもので、また、ニオイが重なり強烈なにおいが発生することもあります。車のように密閉空間では特に消臭剤を選ぶ際には無香料の消臭剤を使用するようにしましょう。また強い薬剤を使用した消臭剤は、人にもワンちゃんにも何らかの影響を与える可能性もありますので、人にもペットにもやさしい、安全性に優れた消臭剤の使用をおすすめします。

車を買い替える際に、ペット臭がついていると下取り価格も下がってしまうということもあります。ワンちゃんと一緒に生活をしていると車に乗せる機会も多くなり、車にペット臭がついてしまうことは当たり前です。しかし、ペットとドライブから帰ってきたらその都度、消臭剤でお掃除をすることでニオイをため込まないので、車にペット臭がしみ込むということがなくなります。このひと手間が車のニオイに大きな差が出ます。他人を車に乗せる際にペット臭がしないかなと気にしなくてよくなりますよ。

ドライブから帰ってきたらお掃除のおともに最適な商品が除菌・消臭効果がある「天使の水」。ペットの消臭屋が販売しています消臭剤「天使の水」は、安全にご使用いただく為に、全成分開示をしており、また、ペットが舐めても問題なく、ペットに直接かけて除菌もできる成分のみで作られています。また使用した消臭剤は、有機物(菌)と接触すると水に戻りますので、無公害です。ワンちゃんにも人にも環境にもやさしい商品です。2006年より、直販のネット販売のみにこだわって販売していますが、口コミだけで販売本数は42万本を突破し、多くのお客様にご利用いただいています。返品保障もありますの、ペット臭によるご近所トラブルでお悩みの方は、ぜひ一度お試しください。

車のペット臭対策におすすめの消臭剤「天使の水」

ページ上部へ
Copyright(c) ペットの消臭屋 All Rights Reserved.

ページ上部へ