ペットの消臭屋

TEL

マイページ

ペットの消臭屋トップ > ドッグフードの豆知識> 夏におきやすいワンちゃんの体調不良

夏におきやすいワンちゃんの体調不良

週末は東から西へと進んだ台風12号が上陸しましたが、東から西へと進む台風は1951年からの観測史上初だそうです。台風通過後も猛暑日が続くようですので、熱中症をはじめとする体調管理にはお気を付けください。ワンちゃんの熱中症対策などについてこれまでもお伝えしてきましたが、この暑い夏におこるワンちゃんの体調不良は熱中症だけではありません。特に今年のように暑いとワンちゃんも夏バテしてしまいます。夏におきやすいワンちゃんの体調不良についてご紹介します。

Contents

体調を崩す原因

ワンちゃんはもともと暑さに弱いので、高温でかつ多湿な日本の夏は厳しい環境ですので、体調不良に陥りがちです。特に今年のように暑い夏は私たち人間よりも何倍も過酷なんです。このようなワンちゃんにとって過酷な環境の夏は、体調不良になりがちで、熱中症、食中毒、皮膚炎などの症状がでることがあります。このような症状を予防するためにはどのように対策を行なえばよろしいかをご紹介します。

熱中症

ワンちゃんの熱中症の症状としては、急激に体温が上昇し、落ち着きがなくなり、元気もなくなります、また、舌をだして荒い呼吸を行ない大量のよだれを出すようになります。また嘔吐、下痢目の充血、脈拍や心拍数の増加、けいれん、意識混濁などもでてきます。最悪の場合は命を落としてしまうこともあります。初期の症状が出てから2時間程経過しても体温が下がらずに血便などをしているような状態では、病院に行っても回復する可能性が低くなりますので症状が出たらすぐに病院へつれていってあげてください。

そもそもワンちゃんは体温を下げることそのものが苦手な動物です。口を開けてヨダレを垂らしながらハァハァと「パンティング」を行なっている行為は「暑い」ということを飼い主さんに伝えています。日影を作ってあげたり、エアコンや冷却マットなどを活用してなるべく涼しい環境を作ってあげるようにしましょう。またワンちゃんは自分で蛇口をひねってお水を飲むことはできませんので、のどがかわいたと思ったときに、常にお水が飲めるような環境を作ってあげることも大切です。

皮膚炎

夏は高温多湿な環境になるためにワンちゃんの皮膚に潜伏している菌や常在菌が活発に活動し皮膚炎を引き起こす可能性があります。また、高い気温と湿度の影響でノミ、ダニなどによる虫刺されや、アレルギーなどが原因で皮膚に炎症などがある場合には患部が蒸れ、重症化になる可能性もあります。ワンちゃんを清潔にすることが解決策につながりますので、毎日、優しくブラッシングしてあげ、週に1回程度はシャンプーをしてあげるようにしましょう。また皮膚の異常を見つけた際には早めに動物病院へ連れていくようにしましょう。シャンプーをする際にはワンちゃんの皮膚に優しいシャンプーを使用することも大切です。

食中毒

ワンちゃんが夏に体調不良になる原因に実は食中毒があります。ワンちゃんが食中毒?と思われがちですが、ワンちゃんは私たち人間と比べると、食中毒には強いと言われていますが、毎日食べているフードがカビや細菌などに侵されていた場合、それらを食べる事で腸内で病原菌が繁殖し、体調を崩します。食中毒は年中起こる可能性が高いのですが、特に気温も湿度も高くなる梅雨から夏に起こりやすくなります。 これらの病原菌は高温多湿な環境になると活発に増殖しやすくなるためと言われています。ドライフードは水分が少ないためにカビなどが生えないと思われがちですが、室内の湿度が高くなると、その湿度をドライフードが吸います。するとフード内に水分が増えカビの発生やフードの腐敗などが起こる可能性が高くなります。カビが生えたり、腐敗したフードを食べたことによる食虫毒が原因で下痢や嘔吐を起こすことがあります。また、症状が重くなると痙攣をおこしたり、意識障害などを起こすこともあります。フードは、開封してから1ヶ月以内に食べきれる量が丁度良いと言われていますので、なるべく1か月以内に食べきれるサイズのフードを購入されることをおすすめします。また、食べ残しのフードはすぐに腐敗しますので、早めに片づけるようにしましょう。

またフードだけではなく、ワンちゃんは水を飲む食器が原因で食中毒になる場合もあります。ワンちゃんが水を飲むときにはヨダレが大量に水の中に混ざります。ワンちゃんの口の中には、多数の細菌が存在しているため、その細菌が水の中に入り飲み水の食器の中で増殖しますので、飲み水はこまめに交換し、交換する際には、食器をしっかり洗うようにしましょう。食器がぬるぬるしている時は、細菌によってぬるぬるしています。水を入れている食器をしっかり洗うことで細菌の増殖を減らすことができます。食中毒が原因で何度も下痢や嘔吐をしている際には、脱水し命にかかわる危険もあります早めに動物病院へ連れて行くようにしましょう。

この暑い時期にもワンちゃんに元気に過ごしてもらうにはいつも以上に気を付けてワンちゃんの様子をチェックするようにしましょう。1カ月で食べきりサイズの無添加国産のぺろっと元気ごはんもおすすめです。

ページ上部へ
Copyright(c) ペットの消臭屋 All Rights Reserved.

ページ上部へ