ペットの消臭屋

TEL

マイページ

ペットの消臭屋トップ > ドッグフードの豆知識> この暑さに注意!ワンちゃんの熱中症対策

この暑さに注意!ワンちゃんの熱中症対策

今年の夏は梅雨明けと同時に記録的な暑さが続き、各地で気温が38度を超え、命に関わる危険な暑さとなり熱中症を発症する人が急増しています。この暑い毎日では、熱中症に厳重な警戒が必要です。また、熱中症は私たち人間だけではなくワンちゃんもかかります。ワンちゃんは私たち人間よりも体温調節がうまくできない動物ですので、熱中症にかかりやすいといわれています。今回はワンちゃんの熱中症対策についてご紹介します。

Contents

ワンちゃんの体温調整

ワンちゃんは、被毛を持ち、汗腺は肉球にしかなくことから、暑さに弱く体温を下げることが苦手といわれています。体温調節のために「パンティング」をして体温を調節して暑さを逃しています。

ワンちゃんの熱中症の症状

ワンちゃんの熱中症の症状としては、急激に体温が上昇し、落ち着きがなくなり、元気もなくなります、また、舌をだして荒い呼吸を行ない大量のよだれを出すようになります。また嘔吐、下痢目の充血、脈拍や心拍数の増加、けいれん、意識混濁などもでてきます。最悪の場合は命を落としてしまうこともあります。初期症状としてはパンティングが速くなりよだれを大量に垂らし始め、様々な反応が遅くなったり、目が充血したように白目が赤っぽくなると言われています。まだ意識があり、軽度の熱中症の場合には首もとや、脇、内股部分を保冷パックや水で濡らしたタオルで冷やし、ワンちゃんが水を飲める状態であれば、スポーツドリンクを水で薄めて飲ませてあげ、動物病院へ連絡し、先生の指示に従って下さい。意識がない場合には気管に入る可能性もありますので、無理やり飲ませないようにしましょう。熱中症が進行すると、けいれんを起こしたり、意識が混濁したり、呼吸ができなくなり酸素が取り込めなくなってしまうような状態になります。このような場合は全身に水をかけて冷やし、すぐに動物病院に連れて行くようにしましょう。動物病院に連れて行く道中も保冷パックなどで体を冷やしながら行くようにしましょう。全身に水をかけて冷やす場合は早く冷やそうと、氷水を身体にかけると急激に冷え、血管の収縮が起こってしまう逆効果になりますので、水道水で冷やすようにしましょう。

ワンちゃんが熱中症にならないための対策

ワンちゃんは室内でお留守番する際に熱中症になるケースが多いと言われています。部屋を閉め切っていることで、気温より室内の温度が高くなります。また留守番の間にケージに入れている場合は、ワンちゃんが室内でも少しでも涼しい場所を探すことができないためにより熱中症になるリスクが高いと言われています。ワンちゃんをお留守番させる際にはエアコンなどで室内の温度管理をすることとあわせて、ケージの位置も少しでも涼しい場所に配置してあげるなど、ワンちゃんが快適な温度の中で過ごせるようにしましょう。またお水が途中でなくなってしまい飲むことができなくならないように、お水も多めにおいてあげるようにしましょう。

屋外にいるワンちゃんの場合は、犬小屋に直接日光が当たれば、灼熱状態になり熱中症になります。犬小屋を日影で、かつ、風通しが良い場所に移動させましょう。一日中日影の場所がない場合はよしずやサンシェード等を使い、直接日光が当たらないように工夫をしてあげましょう。またリードを少し長めにしてあげるとワンちゃんが自ら日影へ移動もしやすくなりますので少し長めにしてあげましょう。水は室内よりも蒸発しやすく、すぐにぬるくなってしまいますので可能であればこまめに水を入れ替えてあげましょう。また1つであればすぐになくなってしまう可能性もありますので複数の容器で用意してあげるようにしましょう。可能であればこのあまりにも暑い日には家の中に入れてあげたほうが、熱中症対策としても安心できます。

次に車内での留守番です。車内は室内以上に気温があがります。毎年、この車内閉じ込めの悲しいニュースを耳にします。エアコンをつけずに窓を開けていれば車内温度はあがらないと思われがちですが、車内の換気はできずに熱気が車内にこもっている状態になるために、熱中症になってしまいます。ニュースなどで実験されている様子を見られたこともあるかと思いますが、エアコンを切った車内はほんの少しの時間で急激に温度があがりますので、絶対にワンちゃんを車内に残さないようにしましょう。

お散歩でも熱中症になる可能性があります。気温が高い日のアスファルトは照り返しの影響もあり、気温以上のかなりの高温状態になっています。またワンちゃんは地表のすぐ近くを歩くためにその熱を直接受けることになりますので、散歩で熱中症になることもあります。この強い日差しの影響でアスファルトは60度以上にもなっていると言われています。60度以上に肉球が触れるとやけどすることもありますので、気温があがる前の早朝や、日が落ちて地表の温度も下がる夜などに散歩をするようにしましょう。また、日差しが落ちても気温がなかなか下がらない日も多いのでお散歩中にも水分補給をおこなってあげましょう。もちろん、飼い主様もお散歩中に熱中症にならないように気を付けてください。

 

熱中症は命を落としてしまいますので、今年のこの猛暑は特に気を付けてください。少しでもワンちゃんの様子がいつもと違うなと感じたらすぐに獣医師さんに相談するようにしましょう。

ページ上部へ
Copyright(c) ペットの消臭屋 All Rights Reserved.

ページ上部へ