ペットの消臭屋

TEL

マイページ

ペットの消臭屋トップ > ドッグフードの豆知識> シニア犬へのフードの与え方

シニア犬へのフードの与え方

梅雨独特の蒸し暑い毎日が続いています。ドッグフードも保存の仕方によってはカビが発生しますので注意して下さい。ワンちゃんも年齢を重ねるごとにフードの消化能力が低下していきます。7歳を超えるとシニア犬と呼ばれるようになります。犬種やワンちゃんの個体差によって老化が進むスピードも違い、身体や行動に現れる症状も様々ですが、シニア犬と呼ばれる年齢に達したワンちゃんがいつまでも元気に過ごすためにはシニア犬にあったフードの与え方があります。今回はシニア犬へのフードの与え方についてご紹介します。

Contents

シニア犬とフードの関係

ワンちゃんも年齢を重ねるごとにフードを消化する能力などが低下しますので、それを補うように質の良いフードを適切な量を食べさせてあげることが大切です。どのような能力が低下するかについてご紹介します。

消化能力の低下
シニア犬になると食べ物を消化する消化液の分泌が減少していきますので消化能力が落ちます。あわせて、歯が悪くなったりするワンちゃんも多く、歯で細かく砕くことができなくなることも消化がうまくいかないことに繋がります。ですので、シニア犬になると消化しやすいフードを柔らかくしてあげるようにしましょう。ドライフードの場合は水やお湯でふやかしてあげるようにしましょう。ふやかすことでニオイもよりするようになりますのでワンちゃんも食べたいという気持ちがわくようになります。消化の悪いお肉などは与えないようにしましょう。また、野菜に含まれる食物繊維もワンちゃんは消化しにくいために、成犬でも消化されずにそのまま便に混じって出てくることがあります。特に生野菜は消化が悪いのでお野菜を食べさせる場合には温野菜にしてあげるようにしましょう。温野菜にすることで生野菜よりは消化しやすくなります。しかし食べさせすぎないように注意が必要です。

腸の運動能力の低下
私たち人間も同じなのですが加齢に伴いワンちゃんの腸の筋肉の緊張感が減退するために、腸の運動能力が低下します。腸の流れが悪くなるために便秘を引き起こしたり、腸のなかで発酵するようなフードは腸の中でガスを発生させてしまうことになりますので、シニア犬には発酵すると思われるようなフードは与えないようにしましょう。また、ドッグフードの原材料もチェックをお願いします。

 

運動能力の低下
シニア犬になると運動能力も低下していきますので、お散歩に連れて行っても時間が短くなったり、お家での活動量も減っていきます。これまでと同じようにフードを与えていると栄養過剰になります。これまでは消費していたエネルギーが消費されずに残るために余剰エネルギーとなり体内に蓄積され、肥満の一つの原因になります。肥満になるとワンちゃん体に様々な悪影響を与えます。ワンちゃんの肥満はゆっくり進行していきますのでなかなか気づきにくく、あっと気づいた時には肥満が進行してしまっていたということも多くあります。また肥満によって廊下が加速することがありますので、運動量が減ったと思ったら余計な脂肪が蓄積されないように、過剰な影響を与えないようにすることが大切です。

シニア犬になったからと突然フードを切り替えるとワンちゃんはフードになれずに食べなくなってしまう可能性もあります。特に年齢を重ねたワンちゃんほど、新しいフードに馴染むことが難しくなりますので、食事の内容を変える時は少しづつ変更して時間をかけてフードをシニア犬向けにしてあげてください。

ワンちゃんも年を重ねるごとに様々な症状がでますが、いつまでの元気に過ごしていただくためには、日々の食事が大切です。シニア犬になるほど消化機能や腸の機能などの内臓機能が弱ってきますので、体に良い素材を使用したフードを与えてあげることがワンちゃんの健康にもつながります。またフードとあわせて適度な運動も大切です。シニア犬は肥満になりがちですので、肥満予防のためにも適度に運動をさせてあげることが大切です。これからの暑い夏の時期はシニア犬にとってもつらい季節です。ワンちゃんが元気にすごせるような環境作りもぜひ行なってあげましょう。暑くなり食事の量が減ることもあります。食べ残しがあった場合には、早めに食器を引き食べ残しのフードは処分するようにしましょう。

いつまでも元気で過ごしてほしいからこそ、消化能力も高いシニア犬にもおすすめのフード「ぺろっと元気ごはん」を一度試してみませんか?

ページ上部へ
Copyright(c) ペットの消臭屋 All Rights Reserved.

ページ上部へ