ペットの消臭屋

TEL

マイページ

ペットの消臭屋トップ > ドッグフードの豆知識> ワンちゃんの口臭の原因とケア

ワンちゃんの口臭の原因とケア

最近、ワンちゃんの口臭が気になると感じることはありませんか?顔を近づけてくれるのはうれしいけど「くさい!」と声をあげて、ついつい顔を離してしまうなんてことをしてしまうということはありませんか?実は口臭はワンちゃんの体調の変化に左右されるとも言われています。口臭がきつくなった時には、体調の変化を伝えてくれる合図だと思って下さい。口臭というと口の中だけに原因があると思われがちですが、口の中だけではなく、内臓が原因ということもあります。今回はワンちゃんの口臭についてご案内します。

Contents

ワンちゃんの口臭の原因

・口の中が原因
歯に汚れや歯石がついてしまっていることによって口臭がすることがあります。まず、ガーゼやコットンなどを指に巻いて、歯をやさしく拭いてあげてください。歯の表面だけではなく裏側も忘れずに拭いてあげましょう。黄色っぽいものが、ガーゼなどに付着したら、歯垢や歯の汚れです。この拭き取ったガーゼなどが口臭と同じような臭いがすれば、口の中が原因による口臭であったということになります。歯石が溜まることで口臭が臭くなるだけでなく、歯周病や歯槽膿漏などの病気になる可能性もありますので、口の中はこまめに拭いてあげて清潔に保つようにしましょう。

また、拭き取ったガーゼなどが臭いがしない場合があります。その場合には口臭の原因が口の中ではない可能性が高くなります。

・内臓などが原因
胃や腸、肝臓や腎臓などの内臓の不調が口臭の原因となることがあります。口臭がすっぱい臭いと感じる場合は、フードをうまく消化できないなどの胃腸のトラブルがある場合があります。また、アンモニアの臭いや独特の臭いと感じる際には、腎臓や肝臓のトラブルがある場合があります。このような臭いを感じた際には病気によっては命に関わるケースもありますので、早めに動物病院で診察を受けるようにしましょう。

ワンちゃんの口臭ケア

・口の中が原因の場合のケア
口臭の原因が口の中にある場合が多いと言われています。実はワンちゃんに、虫歯ができるということはほぼないと言われています。しかし、多くのワンちゃんが口の中にトラブルを抱えてそれが口臭の原因になっていると言われています。ワンちゃんは私たち人間のように歯磨きを自分で行うことが出来ませんので、口の中が不衛生になりがちで、歯周病になるワンちゃんが多いと言われています。口の中に歯周病の原因となる細菌がまず、繁殖して歯肉の出血や腫れなどの歯肉炎を起こすとともに口臭を引き起こします。そして、この歯肉炎が悪化すると、歯を支えている周囲の骨を溶かし歯周病を引き起こします。歯周病になると歯肉が痛くなったり、歯がぐらついたりするため、ワンちゃんは食事をとりにくくなり、食欲不振につながります。また歯周病がより悪化すると歯槽膿漏にかかり、より口臭がきつくなると言われています。

ワンちゃん専用の歯ブラシや、ガーゼやコットンなどを使用して飼い主様が口の中をケアしてあげることが非常に重要です。大型犬よりも小型犬のほうが歯垢がたまりやすいとも言われています。またシニアになるにつれて唾液の分泌が減るために、歯垢がたまりやすくなるとも言われていますので、こまめにケアを行なうようにしましょう。ケアしても取れない歯垢がある場合には獣医師さんに相談してみてください。

・内臓が原因の場合
獣医師さんに相談して治療をするのが第一ですが、フードが消化できないことにより腸内環境が悪化していることも考えられます。その際には消化吸収率の高いフードを食べさせることで改善する場合もあります。消化吸収率が悪いと、腸内にずっととどまり続けることになりますので、口臭だけではなく体臭などの臭いの原因になっている可能性があります。しかし消化吸収率が高いフードは、腸内にずっととどまることがなくきちんと消化や吸収などの処理が体内で行われるために、臭いを発生させることができない状態になります。口臭が気になる際には、消化吸収がよいフードに変更されることもご検討ください。

ワンちゃんだから口臭くらいするでしょうと思われがちですが、この口臭が健康のバロメーターになっています。いつまでも元気に過ごしてほしいからこそ口臭が気になったら健康チェックをぜひ行なって下さい。また口臭対策にもフード選びは大切です。消化吸収率などあまり意識されたことがない方も、一度、ご検討されてみてはいかがでしょうか?

ページ上部へ
Copyright(c) ペットの消臭屋 All Rights Reserved.

ページ上部へ