ペットの消臭屋

TEL

マイページ

ドッグフードの種類

毎日ワンちゃんが食べているドッグフードですが、お店に行くと様々な種類があります。ドッグフードの種類とそれぞれの特徴についてご紹介します。

Contents

ドッグフードのタイプ

ドッグフードは基本的には水分含有量によってタイプが分けられています。水分含有量が少ないと硬いドライタイプで、水分含有量が多くなるほどやわらかいウェットタイプとなります。それぞれのタイプによって食感も違いますが、保存期間などにも大きな差がありますので。

ドライタイプ

一般的にドッグフードと聞いてイメージされる、カリカリタイプのドッグフードがこのドライタイプです。ドッグフード中の水分含有量10%以下のフードがドライタイプですので水分はほぼありません。ドライタイプは、加熱発泡処理をされていますので、長期保存が可能であり、種類も豊富でネットショップだけでなくスーパーやコンビニなどでも、購入することができます。粒状やフレーク状など形は様々ですが固形状になっていますので、ワンちゃんが食べる際に「カリカリ」と音を食べながら食べます。カリカリと音を立てるほど、実は歯ごたえがあるために歯垢の除去や、アゴの骨を丈夫に保つことにつながります。

ソフトドライ(セミモイスト)タイプ

ドライタイプの水分含有量は10%以下でしたが、それよりも水分を含んでいる水分含有量が25%〜35%程度のフードが「ソフトドライタイプ」や「セミモイストタイプ」になり、「半生タイプ」とも呼ばれています。ドライタイプのフードに比べるとしっとりしており、においがするタイプです。柔らかいので、歯肉に炎症などがあり硬いものを食べられないワンちゃんでも食べることができます。ソフトドライタイプも加熱発砲処理は行われていますが、水分を含んだ半生の状態であるために、ドライタイプ比べると消費期限は短くなっています。しかし、消費期限を伸ばすために防腐剤などの添加物を多く使用した商品もありますので、原材料のチェックを行なうようにしましょう。また、袋に入って販売されているソフトドライタイプの商品は、開封後にそのままにしていると空気に触れ品質が低下していき、カビなども発生しやすくなりますので、空気になるべく触れないようにジップロックや専用容器に詰め替えるなどして、ドッグフードの酸化を防ぐようにしましょう。また、カロリーはドライフードよりも高めな物が多いので肥満にならないように注意も必要です。

ウェットタイプ

ウェットタイプのフードは、水分含有量が75%程度のもので非常にやわらかく、他のフードと違い、缶詰やレトルトパウチなどで販売されています。品質保持のために殺菌処理が行われていますので未開封であれば長期保存が可能ですが、一度開封すると、傷みやすいのでなるべく早めに使い切るようにしましょう。よいにおいもするために多くのワンちゃんがドライフードよりもウェットフードのほうを好むかと思います。しかしドライフードに比べてコスト的には高くなります。また、ドライフードは歯石予防などの効果も期待できますが、ウェットタイプはやわらかいために歯石予防などの効果はありません。食欲が落ちた際に食べさせたり、食が細いワンちゃんに食欲促進させるためにドライフードにウェットフードを混ぜて使うなどして活用されることをおすすめします。購入する際には他のタイプ同様に原材料や成分などを十分にチェックするようにしましょう。

お店にいくと、様々なフードがありどれにしようと悩まれるかと思います。一般的にはカリカリとよばれているドライタイプのフードがおすすめで、総合栄養食フードとも呼ばれています。ドライフードにはワンちゃんに必要な栄養素がタップリと含まれているからです。しかし、ワンちゃんの体調や年齢によってはドライタイプのフードが食べれないということもありますのでワンちゃんの状態によって上手に使い分けるようにしましょう。

ページ上部へ
Copyright(c) ペットの消臭屋 All Rights Reserved.

ページ上部へ