ペットの消臭屋

TEL

マイページ

ペットの消臭屋トップ > ドッグフードの豆知識> ドッグフードに含まれる添加物~甘味料編~

ドッグフードに含まれる添加物~甘味料編~

毎日ワンちゃんが食べているドッグフードですが、たくさんの種類が販売されており、様々な原材料が使用されています。フードによっては合成添加物を使用している商品もありこれまで、着色料、酸化防止剤についてご紹介しました。今回は甘味料についてご紹介します。

Contents

甘味料として使用される添加物

ドッグフードには様々な原材料、素材で作られています。本来はその素材がもつ香りや味でワンちゃんの食いつきなどがよいことがワンちゃんにも飼い主さんにとってもベストなことですが、素材がもつ香りや味では食いつきが良くないために、甘味料などを使用し食いつきをよくしている商品もあります。甘味料の中には天然素材のものもあり甘味料が一概に悪いのではなく、人工的に作られた甘味料には注意が必要かと思います。また、ワンちゃんには糖分はあまり必要がなく、糖分を多く摂取することで糖尿病の原因になったり肥満に繋がります。

 

・ソルビトール

ソルビトールは、ブドウ糖から合成される糖アルコールの一種で甘さをプラスする甘味料で、ソルビット、グルシトールとも呼ばれています。もともと自然界にも存在する物質で、カロリーが砂糖の約70%なので、私たち人間の食べ物には、シュガーレスを謳っているお菓子やダイエット用フードとしてもよく使われています。また、食べ物だけではなく保水力にも優れているために化粧水などにも使用されています。現在、日本では摂取の規制などはありませんが、ソルビトールを過剰に摂取した女性が亡くなった事故も報告されています。ドッグフードに使用されている商品もありますので、適量摂取を意識していただきたいと思います。

 

・キシリトール

キシリトールは耳にされてことがあると思いますが、虫歯予防や歯の健康のためにキシリトール入りのガムなどが販売されています。野菜や果実に含まれているキシロースから合成される糖アルコールの一種で天然の代用甘味料で、カロリーは砂糖の約75%と言われています。また、私たち人間や動物は食べ物を食べると、消化吸収しブドウ糖として体内に取り込みますが、その際に血液の中のブドウ糖の濃度(血糖)が高くなり過ぎないように、インスリンというホルモンによって調節しますが、キシリトールはこのインスリンを放出させる力がないことから、糖尿病患者向けの医療品や甘味料などの原料などでも使用されています。このように私たち人間の体には影響がないキシリトールですが、ワンちゃんが摂取することは大変危険と言われており、キシリトール中毒と言われます。ワンちゃんの身体ではキシリトールはインスリンを放出させる力がとても強く、この放出されたインスリンは血糖を低下させることで摂取などの程度によりますが嘔吐、意識の低下、脱力、昏睡、けいれん、肝臓や腎臓などの障害などを引きおこす可能性があります。またこのような症状の出方には個体差が大きくあり、少量を摂取しただけでも重篤な症状を引き起こすワンちゃんもいる一方で大量に食べても、体調に変化がでないワンちゃんもいると言われています。現在、日本国内で製造されているワンちゃん用のフードにはキシリトールが含まれることはほとんどありませんが、海外で製造されているフードには含まれている場合もありますので、注意が必要です。

 

・グリシリジン・アンモ二エート

人工甘味料で、添加物の中でも問題視されることが多い成分です。安全性の確認が出来ていないために私たち人間の食品には使用が禁止されていますが、ドッグフードへの使用は禁止されていませんので使用されている商品もあります。安全性に関しては不明瞭な部分もありますので、できるだけ摂取することは控えることがワンちゃんのためにもよいかと思います。

 

・ビートパルプ

ビートパルプは、甜菜から砂糖を搾り取った後に残った繊維部分のことです。ビートパルプは食物繊維が豊富なことから草食動物の家畜の飼料としてよく使用されていますが、ワンちゃんも含め肉食動物には不要な甘味料ですが、ドッグフードに使用されている場合があります。その理由はフードのカサ増しです。砂糖を絞った後に残るものですので、非常に安価で販売されていますので、原材料に加えることで安価でカサを増すことが出来ます。またビートパルプを摂取することでワンちゃんのうんちが硬くなります。硬くなることは良い事ではと思われがちですが、お話をすることができないワンちゃんの健康のバロメーターはうんちの状態です。体調が悪いと軟便や下痢をしますが、ビートパルプを食べ続けていると体調が悪くても、硬いうんちになるために、体調の変化がわからなくなり、かつ、硬くなりすぎて便秘を引き起こす可能性もあります。また、このビートパルプを作る方法も問題視されています。ビートパルプは「圧力方法」と「薬剤処理方法」の2通りで主に作られていますが、薬剤処理方法のビートパルプには薬剤が残留しています。その薬剤もフードと一緒に摂取することになりますので、食べ続けた場合には健康に害が出る可能性がありますので、注意が必要です。

 

 

私たち人間にとっては影響がないものでもワンちゃんに身体にとっては悪い物もありますので、ワンちゃんの健康のためにはフードに含まれている原材料をチェックして、その原材料がどのようなものであるかを確認するようにしましょう。

ページ上部へ
Copyright(c) ペットの消臭屋 All Rights Reserved.

ページ上部へ