ペットの消臭屋

TEL

マイページ

ドッグフードの原材料

毎日ワンちゃんが食べているドッグフードですが、どのようにして決めていますか?お店に行くと数多くのドッグフードが販売されており、原材料や値段も様々です。毎日食べるドッグフードがワンちゃんの健康を左右しますので、今回はドッグフードの原材料についてご紹介します。

Contents

ドッグフードの原材料表

購入する際にはパッケージに記載の原材料を確認していますか?ドッグフードのパッケージには原材料などが表示されています。これは2009年6月1日施行のペットフード安全法によりフードの名称、賞味期限、原産国名、原材料名(添加物を含む)、事業者名と所在地の表示が義務化されているからです。原材料名への表示順は添加物も含み使用量が多い順に表示するように決められています。

またこれらの表示に加え、公正取引委員会の認定を受けた「ペットフードの表示に関する公正競争規約」では、ペットフード安全法で義務付けられている上記の5項目以外に、目的、内容量、給与方法、成分についても表示することになっています。

ワンちゃん毎日食べるフードがどんな原材料で作られているかについては、パッケージに記載されている原材料欄に注目し確認するようにしましょう。

肉類の内容チェック

原材料の最初あたりによく「肉類」と表示されていることがあります。このように書かれていると、鶏肉や牛肉など私たちが食べているような肉を使っていると思われがちです。しかし、必ずしもそうとは限らないのです。

「肉類(鶏肉)」と記載されていれば、問題はないと思っていただいていいいのですが、例えば、◯◯ミール(◯◯肉粉)、◯◯ボーンミール(◯◯肉骨粉)、◯◯副産物、◯◯副産物ミール(◯◯副産物肉粉)などと書かれていることもあります。これらは肉類に分類はされますが、私たちがイメージしているような肉ではなく、また人が食べられるような肉は含まれていないと思っていただいたほうがいいかと思います。

驚かれた方も多いかと思います。例えば、ミートミール(肉粉)は哺乳類の血液・毛・蹄・角・皮・胃(内容物を除く)、排泄物部分を精製したもの(脂肪を除いたもの)と言われています。わかりやすくいうと、肉そのものではなく、動物の毛や角などといった本来食べる必要のないものを含んだ副産物ということです。肉粉とも呼ばれており、粉状にしたり溶かしたりして、混ぜ合わせて作っているものです。よって、どんな動物のどんな部位が使われているかわからないということになります。

しかし、この○○ミールすべてにおいてワンちゃんの健康に悪影響をおこすということではありません。また、これらを使用してドッグフードを作っているメーカーの全てがワンちゃんの健康状態をないがしろにしているということではなく、これらの中にも品質の良いものも存在するようですが、パッケージを確認して気になったら、ぜひ一度メーカーにお問い合わせしてみることもおすすめします。

体に影響を与える添加物

無添加のドッグフードも増えてきていますが、添加物が含まれている商品も多くあります。添加物には様々な種類があり、酸化防止剤、保存料、pH調整剤、着色料、香料、甘味料などをよく目にされるかと思います。

最近は植物由来、天然由来の添加物も多く使用されていたり、また健康には害のない添加物もありますが、アレルギー性や発がん性物質などが指摘されている添加物もあります。ドッグフードに含まれている添加物がワンちゃんの健康に悪影響を与えてしまう可能性もあります。また、甘味料として「キシロース」が有名ですが、この「キシロール」を多量に含まれたエサを動物が食べると白内障を起こすことが調査により確認されていると言われています。また、キシロースは還元すると「キシリトール」に変わりますが、この「キシリトール」は犬に与えてはいけないものですので、摂取するとワンちゃんの生命に危険が及ぶこともありますので注意しましょう。

酸化防止剤や保存料などの添加物はドッグフードを長期保存させるために使用されています。前述しましたが、最近は安心安全のために人工添加物ではなく天然由来、植物由来の添加物をしようされているフードもあります。また無添加というフードもあります。しかし、これらのフードは長期保存ができないという一面もありますので、賞味期限のチェックおよび保存方法には十分注意して下さい。

たくさんのドッグフードがあり、含まれている原材料も様々です。ワンちゃんが毎日食べているフードを今一度確認していただき、今後のフード選びの参考にして頂ければ幸いです。

ページ上部へ
Copyright(c) ペットの消臭屋 All Rights Reserved.

ページ上部へ