ペットの消臭屋

TEL

マイページ

ペットの消臭屋トップ > ドッグフードの豆知識> ワンちゃんのアレルギーの原因

ワンちゃんのアレルギーの原因

私たち人間でもアレルギーを起こすことがありますが、ワンちゃんも同じようにアレルギーを起こすことがあります。ワンちゃんが、いつもと違って皮膚をかゆがったり、くしゃみや嘔吐や下痢を起こしたりすることはありませんか?これらの原因がアレルギーによるものの可能性もあります。アレルギーといってもアレルギーによっては「アナフィラキシー」という全身に症状が出て、ショック状態に陥り、最悪の場合は命を落とすこともあります。今回は、ワンちゃんのアレルギーの原因についてご紹介します。

Contents

ワンちゃんのアレルギーとは?

私たち人間もですが、動物の体には細菌やウィルスなどの異物である敵が外から侵入すると、それに対して抗体を作り、再侵入すると攻撃を行ない排除する免疫システムをもっています。アレルギーは、この免疫システムがホコリやダニ、花粉、食べ物などで通常では異物と認識しないものに対して、過剰に反応をするために起きると言われています。このようなアレルギーの原因となるものをアレルゲンと呼び、アレルゲンとなるものを吸い込んだり、触れたり、食べたりすることで免疫反応が起こり様々な症状があらわれます。どの物質に対してアレルギーを起こしているかは、ワンちゃんによって様々ですので、アレルゲンを探すためには動物病院でアレルギー検査を行っていただくとある程度は確認できます。

アレルゲンを吸い込む

アレルゲンを口や鼻から吸い込むことで皮膚炎を起こすことがあります。この場合には、強いかゆみが起こるために、ワンちゃんは足で体をしきりにかいたり、口でなめたりします。また、体への変化としてフケが増えたり、被毛が抜けたり、ただれたりするようになります。特に耳や目の周りや足の付け根や関節の内側などにこのような症状がよくみられます。またクシャミや鼻水がとまらなくなる場合もあります。花粉が原因の場合は人間同様に春などに多く発症しますが、季節に関係なく症状が出る場合もあります。

アレルゲンに触れる

アレルゲンとなるものに接触して皮膚炎を起こすことがあります。例えば首輪の材質や、食器、カーペットなどの繊維がアレルゲンになることもあります。また、お風呂の際に使用するシャンプーや石鹸がアレルゲンという場合もあります。このようなアレルゲンと触れると首のまわりや、口のまわりなどの皮膚が赤くなったり、その部分の毛が抜けたりします。またワンちゃんはかゆがり、しきりと患部を足でかいたりなめたりします。アレルゲンと触れることが原因の場合には、ワンちゃんが接触しないようにすることで症状が改善することもあります。

アレルゲンを食べる

ドッグフードに含まれる食材、肉、牛乳などの食べ物に対してアレルギーが起こることもあります。一般的には高タンパク質の食品やドッグフードに含まれている添加物、品質の悪い原材料、ワンちゃんが消化しにくい炭水化物などがアレルゲンになりやすいと言われています。アレルゲンとなる食べ物を食べた後に、顔、耳、口などにアレルギー反応が起こり、口にしたものや口にした量によっても差がありますが36時間以内に症状が現れると言われています。症状がでるとかゆみのために、顔をかくようになります。あわせて被毛が薄くなったり、皮膚が赤くなることもあります。また皮膚の症状だけではなく下痢や嘔吐などの症状が出る場合もあります。

アレルゲンとなる成分が含まれていない食べ物を食べさせるようにしましょう。そのためにはまずは動物病院でアレルゲンを確認することも大切です。また、ドッグフードを購入する際に、成分が曖昧な表記なものではなく、詳細に成分表記を行なっているものがアレルゲンの除去も行いやすくなります。また添加物がアレルゲンの場合もあります。近年は無添加のものも多く販売されていますので、アレルギーの原因物質を避けるためにも、ぜひ無添加のドッグフードもドッグフードを選ぶ際のポイントにしましょう。

アレルギーは遺伝する要因が強いと言われていますが、日々過ごす環境やフードなどで症状も変わります。特に食べ物はワンちゃんの健康に非常に重要になります。毎日、食べさせるフードがワンちゃんの体質にあっているのか、品質がいいものであるかを見極めてあげるようにしましょう。また、私たち人間と同じように、ワンちゃんにもアレルギーがあることを認識していただき、アレルギーに対して正しい対応をしていくようにしましょう。

これからの秋も花粉症のシーズンです。ブタクサやヨモギなどが秋に花粉を飛ばし、アレルギーの原因となる植物と言われています。お散歩コースのこのような草が多い場合にはコースの変更などの対策を取るようにしましょう。

ページ上部へ
Copyright(c) ペットの消臭屋 All Rights Reserved.

ページ上部へ