ペットの消臭屋

TEL

マイページ

ペットの消臭屋トップ > ドッグフードの豆知識> 愛犬の月齢にあったフード与え方

愛犬の月齢にあったフード与え方

ワンちゃんへの毎日の食事ですが、食事の量や回数は、実は犬の月齢や体重、体格、犬種により異なります。空腹時間が長いとストレスを感じることになり、また食べさせすぎることも肥満の原因になります。ワンちゃんの現在の状況にあわせてフードの量や回数を変える必要があります。今回は、フードの量や回数についてご紹介します。

Contents

月齢・年齢によって食事の回数は変える

ドッグフードを購入された際にパッケージに記載されている体重別給与量の通りに食べさせている飼い主さんもいらっしゃるかと思います。しかし、その給与量は、標準体重のワンちゃんに適している量でやはり個別に調整してあげる必要があります。その月齢の際に標準体重よりも重い場合には少しフードを減らすなどして肥満対策を行なう必要があり、痩せ気味であれば、少し多めに与えるなどワンちゃんの状況を確認しながら給与量は調整を行いましょう。また、子犬の時と成犬では必要とする栄養量も違い、シニア犬でもまた違います。成長過程にあったフードを与えることも大切です。

・生後~2か月頃
まだ消化器が未発達の時期ですので、フードの与え方には注意が必要です。また、生後間もないワンちゃんには、母犬による授乳もしくは、市販されている子犬用ミルクを与えます。人間が飲んでいる牛乳には乳糖が含まれており、この乳糖を消化することができずに、下痢を引き起こす可能性がありますので、授乳できない場合は牛乳は飲ませず必ず子犬専用のミルクを与えてください。生後1カ月の頃から2か月の頃までは1日4回、離乳食を授乳や子犬用ミルクと併用して与えていきます。離乳食は市販されているフードでも結構ですし、子犬用のドライフードを人肌のお湯か子犬用ミルクでふやかして与えるようにしましょう。体重をこまめに計り、順調に増えているかを確認していただき、増えていない場合は1回に与える量を調整するようにしましょう。

・3カ月頃~6カ月頃
この時期のワンちゃんは、目に見えて成長していきますので、フードは栄養バランスが整った子犬用のドッグフードを与えるようにしましょう。回数はこの頃から1日3回程度与えるようにしましょう。また消化する力はまだ未熟ですので、ドッグフードはカリカリのままではなく、人肌のお湯でふやかして与えるようにしましょう。

・6カ月頃~
このころになると、消化器も発達し、体型も成犬と同じようになりますので、ドッグフードも子犬用から成犬用へと切り替え、フードの量と回数も成犬にあわせ、1日2回フードを与ることで充分に栄養を補えるようになります。これまではドッグフードはカリカリではなくふやかしていただいていましたが、消化する力もついていますので、カリカリのままで大丈夫です。餌の量はドッグフードに記載されている量を目安にしていただき、体重をこまめにチャックしていただき1回の量を調整してください。子犬用から成犬用に切り替えたタイミングで、下痢や目やにが気になったり毛艶が悪いなどこれまでと様子が違う場合にはドッグフードが体質にあっていない可能性がありますので、アレルギー検査を行っていただいたり、違うフードに変えるなどワンちゃんの健康状態を確認しながら、フードは与える様にしてください。

・7歳頃~
ワンちゃんは犬種にもよりますが、大型犬は6歳頃、小型犬は8歳頃になるとシニア犬といわれるようになります。長く健康でいてくれるためには、フードは非常に重要です。シニア犬になると運動量が減っていく傾向にありますので、それまでと同じ量のフードを食べさせると肥満に繋がります。肥満になることで関節や心臓に負担をかけることより様々な病気を引き起こすことにもなりますので、適切な量のフードを与えるようにしましょう。また消化機能が衰え、食も細くなっていきますので、成犬の場合は1日2回の食事でしたが、1日3回にわけてフードを与えてください。また、ドッグフードを選ぶ際に、パッケージの「シニア犬用」の表示のみで購入されるのではなく、成分を確かめるようにしましょう。消化機能が衰えてきているために、消化吸収がよい成分で作られたドッグフードを選んであげることも愛犬にとっては大切です。

1日あたりの給与量

ワンちゃんの餌の量は、同じ月齢でも犬種や体型(体重)によって当然ながら差があります。
ご自宅のワンちゃんの体型を把握し、1日に与える最適なフードの量を与える回数で割って1回の量をだしてください。またその量で太り気味になると減らす、痩せ気味であれば少し増やすなど調整を行なって下さい。
体重毎の1日あたりの給与量をご紹介しますので参考にしてみてください。
■1日あたりの給与量(ぺろっと元気ごはん)

体重 1kg〜3kg 3kg〜5kg 5kg〜7kg 7kg〜10kg 10kg〜15kg
給与量 35g〜70g 70g〜105g 105g〜135g 135g〜175g 175g〜240g

ワンちゃんは成長に応じてフードの量や回数を変えていくことが必要であることをお伝えしました。ワンちゃんは自分でフードを選ぶことができませんので、元気に過ごせるように飼い主さんは安心して食べることができるフードを選んであげてください。

ページ上部へ
Copyright(c) ペットの消臭屋 All Rights Reserved.

ページ上部へ