ペットの消臭屋

TEL

マイページ

ペットの消臭屋トップ > ドッグフードの豆知識> 病気予防のためにも食事を管理して肥満防止を

病気予防のためにも食事を管理して肥満防止を

愛犬は非常にかわいく、ついついおやつを多く与えてしまったりして、甘やかしてしまいがちです。しかし、ドッグフードやおやつの与え方を間違えてしまうと犬もどんどん太ってしまい、病気を引き起こすリスクにもつながります。客観的に愛犬をみていただき「最近、シルエットがかわってなんだか重たくなったなぁ」と感じられた際には肥満になっているということもあります。犬が肥満になると膝や腰に負担がかかり、椎間板ヘルニアや股関節形成不全、心臓の病気などにかかりやすくなります。肥満を防ぐことはできるのは飼い主様だけですので、この機会に犬の肥満について考えてみて下さい。

 

Contents

犬の理想体型(ボディ・コンディション・スコア)

犬は理想体重よりも15%以上太っていると肥満と言われています。しかし、体重からのみを測るのではなく、犬の体系の見た目や実際に触ってみた感じ、肉付きなどから5段階で評価するボディー・コンディション・スコア(BCS)があります。このボディー・コンディション・スコア(BCS)は、犬を真上と横から見てみて、肋骨と腰のあたりの肉付を確認し、さらに体をなでてみて、チェックをします。理想的なボディ・コンディション・スコアは3です。ご自身の愛犬をチェックしていただき、BCS3を目標にして体重管理をしていきましょう。

 

BCS1 痩せすぎ

肋骨や腰骨などがくっきりと浮き出ている状態です。真上から見た際にくびれが大きくなっています。

 

BCS2 やや痩せている

肋骨が腰骨がやや浮き出ていて、くびれもはっきりわかります。華奢である感じを受けます。

 

BCS3 理想的な体型

見た目には肋骨や腰骨などは分からないが、適度な皮下脂肪があり、触ると骨がわかります。真上から見た際になだらかなくびれがあります。

 

BCS4 やや肥満

見た目には肋骨や腰骨などは分からず、皮下脂肪が多く、肋骨に触れる事は出来るが難しい状態です。真上から見た際にくびれがほとんど確認できない状態です。

 

BCS5 肥満

厚い脂肪に覆われていて、肋骨に触れることが出来ない状態です。真上から見た際には、くびれが見られず、背中が横に広がり丸々としています。またお腹が大きく下がっています。

なぜ肥満になるのか?

肥満は食事で得られるカロリーと消費カロリーのバランスが崩れることで起こります。犬種によって必要なカロリーは違います。しかし、必要カロリー以上のドッグフードを与えたり、おやつを与えすぎることで必要カロリーを超えてしまい、肥満になります。また、加齢や去勢・避妊手術によって不活発になり消費カロリーが減っているにも関わらず、これまでと同じ量の食事を与えることで摂取オーバーになっていることもあります。犬は1歳までは心身が著しく成長する時期ですので、基礎代謝量が多いために、太りにくいと言われています。しかし、1歳を過ぎると基礎代謝量が減っていきますので、1歳を過ぎるとエサの量にも注意が必要です。

ダイエットは長期で

急激にダイエットを行なうと犬の体への負担も大きく、リバウンドの可能性もあります。私たち人間と同じですので、ダイエットはあせらずにゆっくり行いましょう。また、ダイエットを行なうにあたり、あまりに痩せすぎになることもありますので最終的な目標体重やどのくらいのペースで体重を落としていくかなどについては、かかりつけの獣医師さんにご相談されることもおすすめします。また、愛犬のダイエットの際に注意するのは家族全員で協力することです。一人が徹底したカロリー管理で食事を調整しているにも関わらず、他の人がおやつを与えたりすると摂取カロリーが増えてしまいます。ぜひ愛犬のために、家族で相談し協力して行うようにしましょう。

 

ダイエットを行なうにあたり食事管理のみではなく、運動も非常に大切です。1日1回は散歩に連れていってください。ドッグランなどで思いっきり走らせてあげることも効果的です。しかし、すでに肥満になっている犬は心臓や関節に負担がかかりますので、ゆっくり歩くなどしていただき、激しい運動は控える様にしてください。また、犬の自然な体の働きによって、冬になると体が気温の低下に備えてエネルギーをつくり脂肪を蓄える時期ですので太りやすくなります。しかし、この太りやすくなる時期に、寒いからと散歩に行かないなど運動不足になると、脂肪がついたままになりますので、冬の時期は特に運動不足にならないように気を付けてください。

現在は理想体型の愛犬もちょっと油断したりすると将来、肥満になってしまう可能性もあります。また、寿命も肥満になってしまうと、15%も短くなってしまうといわれています。

犬の肥満は飼い主さんの責任なので、日ごろから愛犬を触ったり、真上から見ていただきボディ・コンディション・スコアを意識し、大切な家族である愛犬の健康管理をしてあげてください。

ページ上部へ
Copyright(c) ペットの消臭屋 All Rights Reserved.

ページ上部へ