ペットの消臭屋

TEL

マイページ

ペットの消臭屋トップ > ドッグフードの豆知識> ドッグフードに飽きることはあるの?

ドッグフードに飽きることはあるの?

愛犬へはドッグフードを与えているかたが多いかと思います。毎日、同じドッグフードを与えているが味に飽きてしまうのではないか?と考えられたことはありませんか?また、食いつきが悪くなった際に、「毎日同じドッグフードだから飽きてしまったのかな?」と思ったことはありませんか?犬は、人間が感じる味覚の6分の1程度しか味を感じる事が出来ないために、同じドッグフードを毎日食べていても「飽きる」という事はないようです。また、この食べ物に飽きないというのは犬だけでなく猫などの動物全般でも実は言えることです。しかし、飼い主さんの行動次第では飽きるような味覚に変えてしまうこともあります。

Contents

犬が急にドッグフードを食べなくなった時の原因

ドッグフードを食べなくなるには原因がいくつか考えられます。今回は原因をご紹介します。

体調不良

ドッグフードを食べなくなるには原因の一つは、体調不良や病気にかかっていることで、食欲がなくなっていることが考えられます。これは私達でも同じように、体調不良になると食欲が落ちることがあると思います。いつもと動きにちがいはないか?嘔吐をしていないか?便の様子に違いはないか?血尿はでていないか?などを確認していただき、いつもと違う様子があれば早めに病院を受診するようにしましょう。

ドッグフード以外の食べ物で満足

おやつを与えすぎたり、人間の食べ物を与えたりすることもドッグフードを食べなくなる原因と考えられます。人間の食べ物を与えてしまっていることはありませんか?基本的にドッグフードは薄味です。しかし、人間が食べる味の濃いものを食べると、その味を覚えてしまい、ドッグフードでは物足りなく感じて、食べなくなります。犬は大変賢い動物ですので、ドッグフードを出しても、「これを食べるとあの美味しい食べ物はたべられなくなるから、このエサが食べないでおこう」と考え、ドッグフードを食べなくなります。するとドッグフードは食べ飽きたのかなと思って、またそれ以外の食べ物を与えてしまいます。ドッグフード以外の食べ物で犬のお腹を満たすことは、実は、犬の健康に影響を与えることになります。ドッグフードは、犬の成長や健康にとっての必要なものをバランスよく組み合わせて作られています。人間の味付けの食事は与えず、ドッグフードを食べさせるようにしましょう。だからといってどんなドッグフードでもいいのではなく、素材や添加物などは必ずチェックしてドッグフードを選ぶようにしましょう。

ドッグフードジプシー

ドッグフードは体調の変化などがなければ、あれこれかえずに、同じものを与え続けるようにしましょう。食べないから飽きたのかなと思って違うエサにコロコロ変えてしまう状態をドッグフードジプシーと呼ばれています。少しくらい食べなくなるとすぐにエサを変えると、賢い犬は「このドッグフードを食べなければ、次に違う物が出てくるはず」と期待して食べなくなります。少しくらい食べなくなっても、同じドッグフードを続けて食べさせて様子を見るようにしましょう。しかし、ドッグフードが愛犬の体質に合っていない場合はすぐに違うドッグフードを検討するようにしてください。

運動不足

人間も、動かなければあまりお腹が空かないのと同じ様に、犬も運動不足、お散歩不足であれば、エネルギーの消費量が減るためにおなかがすかなくなります。お散歩に行くのがベストですが、お散歩に連れていくことが難しい場合は家の中でも犬が遊びながら運動をするように工夫をしてあげるようにしましょう。

 

ドッグフードを食べない時の対処法

体調不良や病気以外でドッグフードを食べない理由の場合には、ドッグフードを食べさせるための対処法が必要になります。

ドックフードを温める

前述の通り、犬は人間の5分の1程度しか味覚を感じられませんが、臭覚は非常に優れています。美味しそうな強い臭いがあれば、食欲が湧いてきます。そこで、人肌程度まで電子レンジやドライヤーなどでドッグフードをして温めて出してあげてみて下さい。あまり熱くしすぎると食べる時にやけどしますので、あまり高温にはしないようにしましょう。温めることで臭いが常温よりも強くなりますので、より愛犬も食欲をそそられるでしょう。

食べないと片づける

犬は本来は目の前にある食べ物はすべて食べようとする修正をもっています。しかし、常に食べ物がだしっぱなしであれば、今すぐ食べなくてもいつでも食べることができると思うようになり、途中で遊んだり、だらだら食べをするようになります。また長時間ドッグフードを出しっぱなしにしておくことで劣化し、劣化したドッグフードを食べる事にもなりますので、一定時間経つとエサを下げるようにしましょう。それを繰り返すことで出された時に食べないと食べられなくなると理解し、ドッグフードを出した際に食べる様になります。

「ドッグフードを食べない」という愛犬の行動は、愛犬からの何らかのメッセージがあるのかもしれません。しかし、賢い犬のわがままであることも考えられますが、愛犬の健康のためにも食事はドッグフードを与えるようにしましょう。しかし、食べさせるドッグフードは飼い主さんが自分の目でしっかり確認して選ぶようにしましょう。

ページ上部へ
Copyright(c) ペットの消臭屋 All Rights Reserved.

ページ上部へ